FC2ブログ

見たくなければ見なけりゃいいのさ

ここでは、「見たくなければ見なけりゃいいのさ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先に言っておきます。
タイトル通りです。

かなりローカル的な内容なので見ないほうを推奨します。
それでも見たいと言う奇特な方なら遠慮なくどうぞ。

まぁ当方ことの3割くらいが出てくる予定・・・。
・・・実はこの人には読んでほしいというのは若干ありますが・・・。


はてさてどこから話しましょうか(古泉のキャラソンか?w)

・・・冗談でお茶を濁すつもりは無いですが。

まぁいきなりで申し訳ないが、一人称が「当方」だとなんか俺らしくないので以下仕様変更・・・。

正直今まで人というか人間を好きになったことがありません。
まぁ「好き」にもいろいろありますが、ここでいう「好き」はLOVEの方ではなくLIKEのほうで・・・。(当然LOVEのほうもないのですが・・・)

程度は大したこと無いですが、今まで何度もいじめられたりいろいろあったのでいろいろ考えるようになっていました。

笑顔で寄ってくる奴には裏がある。
優しくしてくる奴は俺を見下して優越感に浸りたいだけ。
弱いところを見せるとそこを攻めてくる。

などなど・・・。
そんな思いから親すら信用せずに今までずっと人とは一線引いて上辺だけの付き合いを続けていました。

別に楽しくなかったことは全然ないし(むしろ楽しいことのほうが多かったですが)嫌いだったわけでもなかった(俺の性格的に嫌いならはじめから付き合おうとも思わないし)

ただなんとなく・・・ということもないですがいろいろと怖かった。

俺が好きになることでその人が迷惑と思うんじゃないだろうか?
関係がギクシャクするんじゃないだろうか?
そもそも俺のことが嫌いなんじゃないのか?
気持ちが冷めたときにあっさり置いていかれるかもしれない・・・。

でも、そんな気持ちを忘れてしまうくらいの子が俺の目の前に現れた。

始めはネット(ハンゲ)の放送から(だったはず)
その子は放送ツールを落としてまもなくで、音が思ったように届けられなくてすごく困ってた。
その時周りにはいっぱい人がいたから「まぁ誰かわかるだろう」程度にしか考えてなくて、後から入ってきた俺が教えるのも他の人が気分害するかなと思ってしばらく様子を見てたんだ。
でも他の人もその子のPCの状態がなかなか分からなくて苦戦してた。

いつもの俺なら「他の人が分からないのに俺が分かるわけ無いわ」とか思ってあっさり部屋から出て行くところなんだが、なぜかその子のことが放っておけなくなって(今でもなんでこんなことを思ったのか分からない)つい口を挟んでしまっていた。

結局他の人はもろもろの事情(まぁ結構遅い時間帯だったし・・・)で落ちていってた。でも俺は「今ここでこの子を残すときっと後悔する」とか勝手な正義感を出して残ってた。
なによりこんな気分になるのは初めてだった。
どうしてもこの子の声が聞きたくなった。

だから声が聞けたとき本当に喜んだ。
たぶんその子以上に俺が喜んでいたような気がする。

しかも教えてるときにメッセのアドレスまで教えてもらったし。(まぁリモートアシスタントの機能でさくっと設定するためだったんだが・・・)

それからいろいろあった。
まぁ基本がメッセだったが・・・。
俺がメッセにケータイ番号を誤爆したときに普通にかけてくるし・・・。
まぁその番号を迷わず登録してしまうなんて今までの俺だと絶対考えられない行動までしました。
ハンゲのサークルにも誘われて勢いで入ったし・・・。
そのサークルのオフ会があるけど一人だと迷いそうだから一緒に行こうと誘われたり・・・。
でも結局諸々の事情で行けなくて寂しい思いをさせたくないとプチオフ会を開いたり・・・。
そうそうマイミクも俺から送ったっけな。
いつの間にかメッセからスカイプになってたしね。
俺の改造にも付き合わせてしまったし・・・。

・・・あげていったら切りがなくなりそう。

俺がへこんでてすごいブルーになってたときに「そんなのりゅうきくんらしくないし、男がうじうじ言ってるのって嫌」とか言われてようやく気が付いた。

この子にだけは嫌われたくない。この子のこと好きなんだって・・・。

そのときに俺のこといい奴とか言ってくれて俺のいいところを5つくらいあげてくれた。
今まで「いい奴」とか「優しい人」とか言う奴はいたけど、その言葉が信じられなかった。だって具体的にこれというのがなかったから・・・。それに自分でもいいところなんてないと思っていたから。

でもその子は違った。ちゃんと俺のこと見ていてくれた。それがすごく嬉しくって気が付いたら涙が出てた。

それ以来俺はその子のために何が出来るだろうか考えるようになっていた。
でも俺に出来ることは全くと言っていいほど何も無かった。

結局その子みたいにその子を元気付けてあげることもままならなかった。
結果的に俺自身が俺が拒絶してきた人間みたいなことをやってるような気さえしてくるようになってきた。

俺はあの子のことちゃんと見てないのかなぁ・・・。
でも本当に優しい子なんだよ。
本当にすごい子なんだよ。

俺よりも断然大人だし。
つらいことがあっても迷惑かけるとか思ってるのかもしれないけど人になかなか言わないような優しい子だし。
人の立場になって考えてあげられるような思いやりのある子だし。
そして間違ったことを「違う」ってきちんと言える強い子・・・。

だからいろいろ抱え込んじゃうんだろうなぁ・・・。

いろいろ言いたいことがあるけど、ここでなら何とでも言えるから次にスカイプにインしたときにきちんと言うよ。

・・・なんかだんだん当方の話じゃなくなってきたような気がするが・・・。
まぁ当方のことが少しでもこの子に伝わればいいかな・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/27(日) 11:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryuuky.blog28.fc2.com/tb.php/356-cb17e817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。